10:00~18:00
毎週日曜日
2020年08月14日
不動産に関する情報

自転車駐車場の設置義務について☆

前回は、自転車放置禁止区域について記載しましたが、今回は自転車駐車場(駐輪場)の設置義務について書きたいと思います。

自転車等放置禁止区域内での小売店・飲食店・遊技場等施設の新築又は増築等は対象

前回に続き、自転車関連記事です(^^♪

自転車をとめたらダメ~!!というだけではなく、しっかりと一定規模の企業側に対し、自転車駐車場を設置してくださいという条例もあります。

弊社では新規出店のお手伝いに伴い、こうした一定規模の施設となる場合にも、出店企業様に対しご助言をさせていただいています(^^♪

一定規模以上の施設で、床面積35㎡ごとに1台の駐輪場が必要になります

小売店、飲食店、遊技場、学習施設、スポーツ施設、カラオケボックスなどなど、『特定施設』(詳細は八王子市役所でご確認ください)且つ『指定区域内』で300㎡を超える建物を新築する場合、概ねその施設の50m以内に駐輪場を設置しなければなりません。

300㎡って約90坪程度ですから、正直そんなに大きくない規模でも対象になります!

計算方法はここで記載すると非常に細かくなるので割愛しますが、ざっくり5,000㎡以下の建物で床面積35㎡毎に1台必要です。

 

こういった規制を知らずに大きな投資をかけると、後々とっても苦労します。

日常生活ではなかなか知らない事だと思いますが、新しくお店を出店される方は様々な「責任」も伴うため、注意が必要です!

 

八王子でご出店の相談は、テナントラボへお気軽にお尋ねください♪

☆テナントLabo八王子(テナントラボ八王子)は、八王子の店舗・事務所・倉庫を専門とした不動産会社です。テナント様からの賃貸店舗、賃貸事務所、賃貸倉庫探しに関するご依頼や、八王子・日野・多摩に物件所有なされている貸主様からのテナントリーシング、契約書作成、土地活用、管理に関するご相談をお受けしています。八王子店舗物件、八王子事務所物件、八王子倉庫物件、八王子ロードサイド物件、八王子事業用物件や八王子移転、八王子開店など八王子の賃貸店舗、賃貸事務所、賃貸倉庫はテナントLabo八王子にお任せください☆

arrow_upward