10:00~18:00
毎週日曜日
2020年10月12日
不動産に関する情報

売買した不動産の未払い固定資産税は誰が払うのか?

今回は、不動産を売買で取得した場合の未払い固定資産税について、記載していきたいと思います。

あまり頻繁に起こる事象ではありませんが、店舗物件や居住物件等、売却又は購入を検討中の方は、抑えておく必要があります。

固定資産税の支払いは、年4回の分割支払い又は一括払い

地域によって、納付時期は異なりますが、固定資産税の納付は年4回の分割払い又は一括払いを選択できます。

 

今回表題にも記載した、物件の売買を行った場合、固定資産税の未払いは誰が支払うのか?という事ですが、下記例文にしてみました。

例)不動産を2月に売買した場合、固定資産税の納付書は、4月~6月頃に前の所有者   に届きます。今回物件の購入時、固定資産税については前の所有者が払うという約   束をしていた為、物件購入額に上乗せして支払いましたが、確認した所前の所有者   はまだ支払っていない様です。この場合、新たに物件を購入した私に、何か不利益   は生じるのでしょうか?

納税義務があるのは、1月1日時点の所有者

この場合、納税義務をする者の判断基準ですが、『1月1日時点の所有者』=「前の所有者」に支払い義務が生じることになります。

固定資産税は、後払いではなく「先払い」です。

その為、この場合、もし納税を遅延してしまうと、前の所有者=売主に対し、差し押さえ等の手続きがとられる場合があります。

具体的な納税義務者(固定資産税を課される人)

上記、1月1日時点の所有者と記載しましたが、正確には1月1日の固定資産(土地、家屋及び償却資産)の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている方です。

具体的には次の通りとなります。

【土地】

登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている方

【家屋】

登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている方

【償却資産】

償却資産課税台帳に所有者として登録されている方

※所有者として登記(登録)されている方が1月1日前に死亡している場合等には、1  月1日現在に、その土地や家屋を現に所有している方が納税義務者となります。

 

弊社では、店舗物件を主とする建物賃貸借や、土地活用としての事業用定期借地契約など、事業用に特化した不動産業を行っております。テナント誘致をした上での売却相談など、幅広いご相談をお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

☆テナントLabo八王子(テナントラボ八王子)は、八王子の店舗・事務所・倉庫を専門とした不動産会社です。テナント様からの賃貸店舗、賃貸事務所、賃貸倉庫探しに関するご依頼や、八王子・日野・多摩に物件所有なされている貸主様からのテナントリーシング、契約書作成、土地活用、管理に関するご相談をお受けしています。八王子店舗物件、八王子事務所物件、八王子倉庫物件、八王子ロードサイド物件、八王子事業用物件や八王子移転、八王子開店など八王子の賃貸店舗、賃貸事務所、賃貸倉庫はテナントLabo八王子にお任せください☆

arrow_upward