物件の内見について

こんにちは☺

テナントラボにも少しずつ物件情報を掲載しております。もっとこんな情報が欲しい!詳しく知りたい!などのご希望がありましたら、お気軽にお問い合わせください!(^^)!

さて、今回は気になる物件を見つけ、いざ実物を見に行く…ずばり内見のポイントをご紹介したいと思います☆

実際に内見したからと言って必ずしも契約する必要はありません。そして内見は何回行ってもOKです!いくつかの物件を回ったり、同じ物件に何度か足を運んでから契約を結ぶ方もいます。

使用の目的によっても見るポイントは異なるかと思いますが、曜日や時間帯によっても物件の見え方が違う場合もありますよね…飲食・接客業のための物件の場合、営業時間中に行き交う人々の量や年齢層、客層も気になるところですし、オフィスに利用する物件の場合は逆に賑わいが気になったりしますよね。

物件情報を見ているだけでは分からない情報を内見では是非手に入れてください!実際に周辺や駅・バス停まで歩いてみるのも良いと思います。物件情報にある〇〇駅から徒歩〇〇分の表記は、1分間80メートルと決まっています。例えば、駅から徒歩で600メートルの物件は、徒歩8分と表記されています。1分80メートルって、意外と早い速度だと思いませんか?余談ですが、私の娘(3歳)は50メートル走で46秒と言う記録をたたき出したようです(笑)話を戻しまして、物件の立地にもよりますが、坂道だったり人通りが多い・信号が多いなどの場合、実際に歩いてみると物件情報より早かったり遅かったりします。

また、内見に手ぶらで行くのは出来るだけ避けてください(/_;)最低でもメモ帳・筆記用具・メジャーは持参しましょう!内装等のお写真を撮りたい場合は事前にお問い合わせ下さい☆なかには電気の通っていない物件もあるので、スマホのライト等のライトがあれば良いかと思います。

これは完全に個人的な意見なのですが、近くにごみ箱やごみ収集所のある物件は害虫・害獣対策がされているかもご確認して頂くことを強くおすすめ致します。切っては切れない存在のヤツらですが、出来るだけ切っておきたい存在ですよね…✂

物件探しをされている方のご参考にすこしでもなれば幸いです(∩´∀`)∩

 

 

 

 

 

関連記事

特集記事

TOP